时间渐渐进入深秋,生活在海里鲑鱼都为了产卵而洄游向北海道各地的河川里。今天,就和您聊两个有关于鲑鱼的话题。

秋が深まる中、北海道各地では海で育ったサケが産卵のため川に帰ってくる季節を迎えています。今日はサケの話題を二つお伝えします。



首先为您介绍「札幌市丰平川鲑鱼科学馆」。这个科学馆位于札幌市南区的真驹内公园里。门票免费。科学馆的旁边,流淌着鲑鱼洄游的丰平川。

まずは「札幌市豊平川さけ科学館」をご紹介。札幌市南区の真駒内公園の中にあります。入場料は無料。そばにはサケが上る豊平川が流れています。






馆内展出的有鲑鱼的生态,还有札幌市保护鲑鱼活动的历史之类的。

中には、サケの生態や、札幌市におけるサケの保護活動の歴史などが展示されています。






鲑鱼在日本的河流里出生后,便向海洋游去,在白令海以及阿拉斯加海一带生息周游。据说2到4年后,它们便要返回出生的河流。这样的移动距离可真不短呢!

サケは日本の川で生まれたあと海へ下り、ベーリング海やアラスカ海を回遊して、2~4年後にまた生まれた川に戻ってくるそうです。すごい移動距離ですね!







这是根据洄游到丰平川的鲑鱼的平均大小制作的模型。

これは豊平川に帰ってくる平均的なサイズのサケの模型。







长70厘米,重3.6公斤。拿起来试试,还真挺有份量,沉甸甸的。

長さ70センチ、重さ3.6キログラム。持ってみると、けっこうずっしり重いです!










在札幌市内流淌的丰平川,在经济高度成长期时,水质受到污染,鱼类无法生息。那之后,环境保护运动盛行,丰平川的河水水质也被改善到可以让鲑鱼自然繁殖的程度了。

札幌市内を流れる豊平川は、高度経済成長期には魚がすめないほど汚れていましたが、その後環境保護の運動がさかんになり、サケが自然繁殖できるほど水質が改善しました。













这是鲑鱼产卵时的模型。1980年代以后,以丰平川为首,札幌市内其他地方,都能看到这样自然产卵的景象。

サケの産卵の様子の模型です。1980年代以降、豊平川を始め札幌市内の数カ所で、こうした自然産卵が見られるようになったそうです。






下个展厅里,展示着不同种类的鲑鱼的鱼苗。大约有20多种,鲑鱼的种类居然有这么多啊,我有些吃惊呢。

次の展示室には、サケの仲間の稚魚が展示されていました。およそ20種類を展示しているそうで、サケの仲間ってそんなにたくさんの種類があるんだ!とちょっと驚き。






这是在丰平川中生息的诸多种鲑鱼中,数量最多的一种,大麻哈鱼的鱼苗。大约有15厘米左右。

これは豊平川にいる数種類いるサケの中で一番多いシロザケの稚魚。大きさは15センチほどです。








这里还有今年通过人工受精得到的鱼籽。

今年採取して、人工授精させた卵もありました。









鱼籽中黑色的部分是鱼苗的眼睛。受精是在9月23日,据说到11月1日左右就会孵化啦。

黒く見えているのが卵の中の稚魚の目です。受精したのが9月23日、11月1日頃孵化する予定だそうです。








地下的大水槽里,展示这个科学馆孵化并培育的鲑鱼。

地下の大きな水槽には、この科学館で孵化して育ったサケが展示されています。








然后是这个,被捕获的今年洄游到丰平川的鲑鱼。将它们养在这里,据说是为了等待鲑鱼肚子里的鱼籽成熟后,对它们进行人工授精。

そしてこちらは、今年豊平川に上がってきたサケを捕獲したもの。お腹の中の卵が熟するのを待って人工授精するそうです。







这个是雄性鲑鱼。与雌鲑鱼相比,雄鲑鱼具有吻端较长且弯曲的特点。

こちらはオスのサケ。メスに比べると鼻の部分が長く付きだし、曲がっているのが特徴です。









「室外观察池」中,同时养着雌雄鲑鱼,这样便可以观察到鲑鱼产卵了。这是只有现在鲑鱼洄游这段时期才能看到的展示哦。

「屋外観察池」では、オスとメスのサケを一緒に入れて産卵行動を見る、この時期限定の展示が行われていました。






左边的是雌鱼,右边的是雄鱼。在漫长的旅程中,雄鱼弄得身上到处都是伤口,显得浑身都是白斑一样。

左がメスで、右がオス。オスの方は、長旅で身体があちこち傷ついて、白い斑点のようになっています。








雌鱼不停地用鱼尾在池底掘洞,建造产卵的地方。

メスは尾びれで池の底を掘り、産卵場所を作る動作を何度も繰り返しています。








雄鱼向那只雌鱼靠近,不断震动身体求爱。这之后似乎是要产卵了呢,遗憾的是我没有看到产卵的瞬间。

オスはそんなメスに寄り添って、身体を震わせる求愛行動を見せていました。残念ながらその瞬間は見られませんでしたが、産卵は近そうですね。







丰平川科学馆中还展示着札幌市内生息着的其他鱼和水生动物的鱼类馆。而且周末的时候,这里还会举办各种各样的体验活动。

豊平川さけ科学館には、このほかに札幌市内に住んでいる魚や水辺の生き物たちを展示する「さかな館」があります。また週末には様々なイベントや体験も行っています。

 

开馆时间:9:45~16:45

休馆日:每周星期一,年末年初

HP:http://www.sapporo-park.or.jp/sake/(日语 英语)

開館時間:9:45~16:45

休館日 :毎週月曜日、年末年始

HP http://www.sapporo-park.or.jp/sake/ (日本語、英語)




接着,为了探访洄游的野生鲑鱼,我来到了能看到鲑鱼洄游的有名河流。这条河流就是位于西区的琴似发寒川。

続いて、川を上る天然のサケを探しに、サケの遡上が見られることで有名な川に行ってみました。西区にある琴似発寒川です。







这附近并不是自然环境丰富的地方,只是札幌市内非常普通的住宅区。桥上有很多人在探寻“这里有没有鲑鱼呢?”

この付近は特に自然が多いというわけでもなく、札幌市内のごく普通の住宅街です。橋の上にも、サケがいないかな・・・と探している人たちがたくさん。





和大家一起找着找着,就听到有人说“哎,这儿有!”…在哪儿在哪儿!?

ほかのみなさんと一緒に探していると、「あ、いた!」という声が・・・どこどこ!?








旁边一位父亲正在给儿子指鲑鱼在哪儿,我也顺着他的指向一起寻找…啊,看到了看到了。可是由于水面反光,拍出来的照片看的不是很清楚。

お父さんが子供に教えているのを見て、私も一緒に探してみると・・・あ~、いたいた!でも写真だと水の反射もあって、わかりにくいですねえ。






就这样看着河流找了一段时间后,渐渐能顺利地在河里找到鲑鱼了。河中到处都是鲑鱼,数量可真不少。这张照片里有两条,不知道您看清楚了吗。

しばらく見ているうちに、だんだんサケを見つけるのがうまくなってきました。あちこちにけっこうたくさんいます。この写真には2匹写っているんですが、わかりますか?






这之后,我把相机调整到了摄像模式,居然拍到了可以清楚看到鱼在水中游的影像。下面就请您看看札幌的野生鲑鱼吧。

このあと、動画撮影に切り替えて、なんとか魚の姿がわかる映像が撮れました。

札幌で見られる天然のサケをご覧下さい!

 

[videofile]http://bluesky-travel.co.jp/blog/wp-content/uploads/2013/10/MOV07627.mpg[/videofile]
 

这两条鱼大约最后是累了,一并被水流冲向了下游。

最後は疲れたのか、2匹もつれあうようにして下流に流されていってしまいました・・・。

在札幌这样规模的城市里还能看到洄游的野生鲑鱼,据说是其他地方很少有的事情呢。
当然,要是去被大自然环绕的地方,肯定还能看到更多鲑鱼洄游的景象。
在北海道,鲑鱼洄游的时间段根据地理位置不同而有所差异,最晚大约到11月中旬左右。

札幌ぐらいの規模の都市で、天然の鮭の遡上が見られるのはとても珍しいことだそうです。もちろん、自然が豊かなところに行けばもっとたくさんのサケが上っているのを見ることが出来ますよ。
北海道のサケの遡上シーズンは、場所によっていくらか差がありますが、だいたい11月中旬頃までです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です