连札幌市市中心,也终于迎来了红叶的观赏期。要说市内有名的观赏红叶的地方,那非北大莫属。(“北大”在日本是指北海道大学)今天就为您介绍北大的红叶吧。

札幌市中心部でも、いよいよ紅葉の見頃を迎えました。市内の紅葉の名所と言えば、やっぱり北大!(「北大」は日本では「北海道大学」のことです)今日は北大の紅葉をご紹介しましょう。





这张照片是上星期四(10月31日)时的样子。照片里是有名的13条大街的银杏林荫道。

この写真は先週木曜日(10月31日)のようす。有名な「13条通り」のイチョウ並木です。









蓝色的天幕衬着橘色和黄色的银杏叶。

青空にオレンジや黄色が映えます!

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
31号那天因为时间关系没能仔细欣赏,所以两天之后我又一次来到北大。可惜的这次是阴天。

31日は時間の関係でゆっくり出来なかったので、また2日後に訪れてみました。この日は残念ながら曇り空。










因为这一天是「开放日」,所以13条大街禁止车辆入内,好让来看红叶的人们能够充分享受美景,来了很多游客!

この日は構内への車の立ち入りを制限し、紅葉見物の人たちに存分に楽しんでもらう「開放日」になっていたので、すごい人出でした!






两天前还残留着绿色的银杏树,在这一天已经是百分之百的染上了金色。

2日前はまだ緑色が結構残ってたイチョウですが、この日は色づきほぼ100%!

 




























13条大街当然是以银杏著名,但它周围种下的枫树的红叶也是相当美丽的哦!

この13条通りはもちろんイチョウが一番有名なのですが、周りに植えてあるカエデの紅葉も見事なんですよ~!

 

 

































































人行道上还有露天小店,简直就是庆典一样啊!

歩道には出店まで出ていて、まるでお祭りです!













还有现场演出。

即席のコンサートも行われていました。












这是位于工学部南面名为大野池的池塘的岸边风景。

こちらは工学部南側にある大野池のほとり。
















缠绕在树上的爬墙虎,美得很有层次感。

木に絡みついたツタも、見事なグラデーションになっています。

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 








孩子们也在一旁喧闹着。

子供たちもおおはしゃぎです。

 





































赤红色的花楸果实。这赤红的果实会一直留到开始积雪的时候,鲜艳的红色令人赏心悦目。

真っ赤なナナカマドの実。雪が積もる頃まで残って、鮮やかな赤で目を楽しませてくれます。









照目前这个样子来看,北大的红叶在接下来的一星期左右都能看到。

このようすだと、北大ではあと1週間くらいは紅葉が楽しめそうです。









从这以后,红叶便向着西南部移动。最后能看到红叶的是函馆,大约11月中旬左右吧。红叶落尽,便终于要迎来雪季了。

これから紅葉のピークは南西部に移っていきます。最後になる函館での見頃は11月半ばぐらいまででしょうか。紅葉が終われば、次はいよいよ雪のシーズンです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です