天气预报说,这星期的气温会比上星期的气温高一些。这个时期就是这样,气温忽冷忽热循环往复的同时,慢慢步入真正的冬天。

今天和大家聊一聊小樽散步。为您介绍点灯后的城市景观,以及这个时期才能看到的彩灯展。

今週は、先週と比べると少し気温が上がる予報。この時期は寒くなり、少し暖かくなり、また寒くなり・・・を繰り返しながら、徐々に本格的な冬に入っていきます。

今日の話題は夜の小樽散歩。ライトアップされた町並みや、この時期見られるイルミネーションなどをご紹介します!





从札幌出发去小樽,乘坐快速列车大约需要32分钟。

札幌から小樽までは、快速列車でおよそ32分。













被称为“玻璃之城”的小樽的车站,在夜里亮着这样的灯,营造出一种淡淡的怀旧气息。

「ガラスの街」として知られる小樽の駅には、夜はこんなランプが点されていて、ちょっとレトロな雰囲気を醸し出しています。











从改闸口出来,就看到特别设置的展示区。这是11月11日开始的活动“小樽雪物语”的一环。

改札を出たところに、特設の展示コーナーが出来ていました。11月11日から始まったイベント「小樽ゆき物語」の一環です。






在小樽的众多玻璃工房的作品都在此展出。

小樽にたくさんあるガラス工房の作品が展示されています。












这是表现极光的玻璃艺术品。

これはオーロラをガラスで表現した作品。















这边是因为冬日第一场雪而欢喜的孩子们。

こちらは初雪を喜ぶ子供たち。













真是栩栩如生,孩子们看起来很开心的样子呢!

とてもいきいきとして、楽しそうです!









还有住在森林里的动物们。很可爱吧~

森の動物たちもいます。かわいいですね~。








小樽有很多历史性建筑物,入夜后都会点灯。

这是建于1927年的“旧三井银行小樽分店”。

小樽の街中にはたくさんの歴史的建造物があり、夜はライトアップされています。

これは1927年に建てられた「旧三井銀行小樽支店」。









虽然看起来好像是石制建筑,但其实用的是当时最新的钢筋混凝土技术建成的。建筑物表面则用上了花岗岩。

石造りに見えますが、実は当時としては最新技術の鉄筋コンクリート造り。表面に花崗岩を用いています。










这是1912年的建筑,“旧北海道银行总店”。现在变成了名为“小樽BINE”的葡萄酒专营店・餐厅。

こちらは1912年建築の「旧北海道銀行本店」。今は「小樽バイン」というワイン専門店・レストランになっています。






“旧北海道银行总店”的对面是“日本银行旧小樽分店”。它也是建于1912年的,现在作为金融资料馆被使用。这一片区域以前是北海道第一的金融街,很多银行都聚集在这里。

その向かいにある「日本銀行旧小樽支店」。やはり1912年建築で、今は金融資料館になっています。このあたりはかつて北海道一の金融街で、多くの銀行が集まっていました。







顺着这里步行两分钟,下一个坡,就是小樽运河了。

ここから歩いて2分ほど坂を下りると、小樽運河です。








夜里的运河亮着汽灯,与白日相比,是全然不同的气氛。

夜の運河はガス灯がともり、昼とはまた違った雰囲気。












旁边的运河广场的前庭装饰着一棵浮球树,这棵树会在这里待到明年1月13日,是期间限定的景哦。

すぐ側にある運河プラザの前庭には、来年1月13日までの期間限定で「浮き球ツリー」が飾られています。










原本小樽的玻璃工业就是因为制造渔业需要使用的浮球而发展起来的。这棵树用了将近300个浮球。

もともと小樽のガラス工業は、漁業で使うこの浮き球の製造から発展してきたものです。このツリーには約300個の浮き球が使われています。










运河广场已经关门了。不过从窗外看进去,还是能看到闪烁着光芒的东西!

運河プラザはもう閉まっていましたが、窓から中を見るときらきら光るものが!











这是用葡萄酒杯搭建成的酒杯塔。据说葡萄酒杯作为玻璃之城小樽的新象征,被用在了这里。话说起来,小樽也是葡萄酒的产地呢。

ワイングラスを積み重ねたグラスタワーです。ガラスの街、小樽の新しい象徴としてワイングラスを使ったそうです。そういえば、小樽はワインの産地でもありますね。









居然有3000个左右的葡萄酒杯被用在这里!运河广场的开馆时间到18点左右,想近处看看这些装饰的各位,您可以一定要趁这个时间之前去哦。这里也是1月13日闭展。

使っているワイングラスはなんと3,000個!運河プラザの開館時間は18時までなので、近くで見たい方はぜひこの時間までに入館を。こちらも1月13日までの展示です。


 

12月21日开始的三天间,小樽运河上会举行“冬之流星”的活动,届时会有5000个LED点灯漂浮在小樽运河上。2月份的小樽,则将举行“雪灯之路”和其他赏夜景的活动。等冬雪积起来,白雪映着明灯,您便能看到更美的景色了哦。

不仅限于小樽,面向寒冬,北海道各地都会开始举行各种点灯,灯展活动。

小樽では、12月21日から3日間、運河に5,000個のLED電球を浮かべる「冬の流星」、2月には「雪あかりの路」と夜景を楽しむイベントが続きます。これから雪が積もると、こうした明かりが白い雪に映えて、更に美しい景色が見られますよ。

小樽に限らず、これから北海道各地で、本格的な冬に向けてこのようなライトアップイベントが始まります。

小樽雪物语http://otaru.gr.jp/snowstory/ (日语)

小樽ゆき物語HP http://otaru.gr.jp/snowstory/    (日本語)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です