这次是上回的延续。感受了积丹半岛初夏之旅,品尝了海胆,欣赏了神威岬的绝景后,就要乘坐观光船了哦。

今回は前回の続きです。積丹半島初夏の旅、ウニと神威岬の絶景を楽しんだ後は、観光船に乗りますよ~。

shakotan2-1



将神威岬的绝景置于身后。。。

こんな神威岬の絶景を後にして・・・

shakotan2-2







朝着札幌方向开车约30分钟。到达一个叫做“美国”地区的海港。观光船从这里出发。费用为成人1400日元,儿童700日元。

札幌に戻る方向へ車で30分。「美国」という地区の港に来ました。観光船はここから出ています。料金は大人1,400円、子供700円。

shakotan2-3




这是水上观光船的“新积丹号”。这一天很多团体观光的客人们来乘船。

これが水中観光船「ニュー積丹号」。この日は団体観光のお客さんがいっぱい乗っていました。

shakotan2-4






出港后约10分钟,移动到能够清楚看到海底的地点。

港を出港してから10分ほどかけて、海底がきれいに見えるポイントまで移動します。

shakotan2-5







到达地点后,根据指示去往海底展望室。

ポイントに付くと、案内に従って船底にある海中展望室に移ります。

shakotan2-6






从窗户可以看到这般景色。海胆在海底游游荡荡!照片看得不是很清楚,黑色的小点全都是海胆。

窓からはこんな景色が。海底にウニがごろごろしています!写真ではわかりにくいですが、ちっちゃい黒い点々は、全部ウニです。

shakotan2-7






下面太挤所以赶紧回到船上,于是看到打捞海胆的渔船就在附近。

下は混んでいるので早々に上に上がると、ウニ採りの漁船がすぐ近くに。

shakotan2-8






带上防水眼镜在水中窥探,用带有长柄的网捞起海胆。我中午吃的海胆也是这样打捞的啊~

「箱めがね」という道具で水中をのぞき込み、なが~い柄の付いた網でウニをすくいます。

私がお昼に食べたウニもこうやって採ったんだな~。

shakotan2-9





过了海下展望点后,船继续前行。可以看到这样的悬崖峭壁。

海中展望ポイントを過ぎて、さらに船は進みます。こんな断崖絶壁が見えてきます。

shakotan2-10





“这里是积丹蓝最为美丽的地方”广播里说道。真的,明明是阴天却看上去如此湛蓝!

「このあたりが、積丹ブルーが最高にきれいなところです」というアナウンス。ほんとうに、曇ってるのにこんなに青く見えます!

shakotan2-11





要是天晴会更美吧。

晴れていたらもっときれいでしょうねえ。

shakotan2-12







稍稍欣赏这附近的景色过后,船开始驶回港口,许多海鸥飞了过来。

しばらくその辺りの景色を堪能した後、船が港に向かって戻り始めると、カモメがたくさん寄ってきました。

shakotan2-13






实际上这艘船每次回港都会给海鸥们喂面包。所以,船一朝向港口加速,海鸥们就觉得“到吃饭的时间啦!”飞到跟前。很聪明吧!

実はこの船、毎回港に戻るときにカモメにパンを与えています。だから、港に向かって速度を上げたとたん「餌をもらえる時間だ!」と近くに寄ってくるのです。賢いですねえ。

shakotan2-14




海鸥立马飞到跟前,所以冲击力十足。漂亮地在空中接住了面包!客人们也都非常开心。

すぐ近くまで寄ってくるので、かなりの迫力です。見事に空中でパンをキャッチ!お客さんたちも大喜び。

shakotan2-15

 

 

 



“新积丹号”的乘坐时间约40分钟,感觉一瞬间就过去了。

「ニュー積丹号」の乗船時間は40分ほどですが、感覚的にはあっという間でした。

 






积丹半岛打捞海胆的时间从每年6月下旬开始到8月。在这2个月,我还想再欣赏一次美丽的大海,品尝美味的海胆。可以的话,能在天气晴朗的时候去是最好不过了!

積丹半島のウニ漁は、毎年6月下旬から8月まで。2ヶ月の間に、あと一度くらいは美しい海とおいしいウニを堪能したいですねえ。できれば、晴れている日に行けたら最高ですね!