学校も夏休みに入り、北海道各地で夏のイベントが次々開幕しています。札幌市民が毎年楽しみにしている大通公園のビアガーデンも、7月20日から始まりました。
会場の長さはおよそ1km、およそ13,000席が用意され、各ビールメーカーの札幌近郊の工場から直送される生ビールや世界のビールが楽しめます。各会場の様子をご紹介します。

beer1

会場はメーカー別に分かれています。西5丁目はサントリーの「ザ・プレミアムモルツ ガーデン」。





beer2


連日夕方には、人でいっぱいになります。





beer3

ビアガーデンではまずチケット売り場でチケットを買い、席の近くにいるスタッフに渡すという方法で注文します。





beer4


たくさんいるスタッフの皆さん、行ったり来たり忙しそうです。




beer5


ちょっとだけ楽しみたいという方には、立ち飲みコーナーもあります。




beer6


西6丁目はアサヒビールの「ASAHI SUPER DRY BEER PARK」。北海道工場50周年と書いてあります。




beer7


木陰の広い会場も満席!





beer8

人気商品の「スーパードライ」を氷点下の温度で飲める「エクストラコールド」が人気だとか。





beer9


西7丁目はキリンビールの「キリン一番搾りビアガーデン」。




beer10


真ん中の噴水(水は停めてあります)を囲んだ、円形の会場になっています。




beer11


一部予約席もあるようですね。





beer12


西8丁目はサッポロビールの「THE サッポロビアガーデン」。




beer13

会場の真ん中に巨大なテントが!雨の日も安心ですね。ただ、声が上に反射するのですごくにぎやかです(^^;)。





beer14


こちらも立ち飲みコーナーを含めて満席です。





beer15


西10丁目は「世界のビール広場」。





beer16


ギネスやレーベンブロイ、カールスバーグ等、様々な海外の生ビールが楽しめます。




beer17


瓶ビールも多種類。台湾ビールが売り切れになってますね。




beer18


周りに広い芝生があるので、家族連れには便利かも。





beer19


西11丁目は「札幌ドイツ村」。ドイツのミュンヘン市と友好提携をしていることにちなんで開かれています。




beer20


ドイツのビールを各種取りそろえています。





beer21


食べ物もドイツの物を中心に提供。





beer22


ここではわんこも一緒に楽しんでいました。(^-^)





 それぞれの会場で違った味わいを楽しめる大通ビアガーデン、つい何度も通ってしまいそうです!
 各会場には観光客用の優先席が用意されていて、札幌市内の主要ホテル30数カ所の宿泊者に限りフロントで予約できます。ただし数が少ないので、予約はお早めに。詳しくはこちらをご覧下さい。→ http://sapporo-natsu.com/seat/ (日本語)

このほかにも、夏の間札幌市内では、大通西1丁目のテレビ塔の下、札幌駅の南口広場、すすきのラフィラの屋上、札幌ファクトリーなどでもビアガーデンが開かれています。札幌の夏の思い出に、ビアガーデンを楽しんでみてはいかがですか?
なお日没後は気温が下がって肌寒いくらいですから、上着を忘れずに!

<さっぽろ大通ビアガーデン>
7月20日(水)~8月15日(月)
12:00~21:00(10丁目「世界のビール広場」は17:00~21:00)
http://www.welcome.city.sapporo.jp/event/summer/sapporo-odori-beer-garden/
(日本語)
http://www.welcome.city.sapporo.jp/event/summer/sapporo-odori-beer-garden/?lang=cn (中国語)