最近北海道では雨の多い日が続いています。先週は道東に台風が上陸し、川が氾濫して家や畑が水に浸かったり、強風で屋根が飛ばされるなどの被害が出たとか。交通機関にも影響が出ています。これから秋の台風シーズンは要注意ですね。

 さて、夏の短い北海道では、地域によっては来月から早くも紅葉の季節に入ります。今回は北海道の中でも早めに見られる紅葉の情報をお伝えします。

<旭岳>
koyo1









koyo2








 北海道の最高峰・旭岳(2291m)は、日本で一番早い紅葉が見られる所として知られています。標高1600mのロープウェイ姿見駅の付近では8月下旬からナナカマドや高山植物のチングルマの葉が赤く色づきはじめます。9月に入るとロープウェイの車窓からダケカンバ等の紅葉が見られるようになり、9月中旬から下旬には見頃を迎えます。
 紅葉の時期のロープウェイは大変混み合うので、ふもとの旭岳温泉に宿泊し、朝一番に上がるのがおすすめです。

旭岳ロープウェイ
旭川駅からバスで1時間30分
旭川空港から車で1時間
HP → http://wakasaresort.com/asahidakeropeway/

<黒岳・層雲峡>
koyo3












koyo4









 旭岳と同じ大雪山系に属する黒岳(1984m)では、少し遅れて紅葉が始まります。層雲峡温泉からロープウェイで上れる標高1300m付近では、9月下旬から10月上旬に紅葉が見頃となります。ふもとの層雲峡温泉や銀河・流星の滝では10月上旬にみごとな紅葉を見ることができます。

層雲峡温泉
JR旭川駅からバスで2時間/JR上川駅からバスで30分
旭川空港から車で1時間30分
層雲峡観光協会HP → http://www.sounkyo.net/

<阿寒湖>
koyo5









koyo6












 気候が冷涼な道東地方でもほかの地方に先駆けて紅葉が始まります。阿寒湖の紅葉見物の特徴は、遊覧船に乗って湖畔の移り変わる景色をゆったりと眺められること。湖水と赤や黄色の紅葉のコントラストが見事です。また、湖の水が川となって流れ落ちるところにある「滝見橋」から見る紅葉も写真スポットとして有名です。見頃は9月下旬から10月上旬。

阿寒湖温泉
JR釧路駅からバスで1時間50分
釧路空港からバスで1時間20分
阿寒観光協会HP → http://www.lake-akan.com/

<支笏湖>
koyo7








 札幌から車で1時間ほどの支笏湖では、10月上旬から中旬にかけて紅葉が見頃となります。毎年恒例の「紅葉まつり」は10月9日(日)に開催。支笏湖名物のヒメマスときのこが入った「味覚汁」が無料でふるまわれます(300杯限定)。野菜の即売会や焼き鳥等の屋台が並び、支笏湖温泉の各施設の温泉半額開放も予定されています。この日は駐車場がすぐいっぱいになってしまうので、車で行くなら是非お早めに!

支笏湖温泉
札幌から車で1時間30分
新千歳空港からバスで1時間/JR千歳駅からバスで45分
千歳観光連盟HP → http://www.1000sai-chitose.or.jp/
第40回支笏湖紅葉まつり 10月9日(日)10:00~15:00

<豊平峡>
koyo8









koyo9









こちらは札幌市内で一番早い紅葉。豊平峡ダムは「ダム湖100選」にも選ばれた風光明媚な峡谷です。札幌の奥座敷と呼ばれる定山渓温泉の近くにあり、駐車場からは環境に配慮した電気バスでダムまで上ります。峡谷と湖、紅葉の景色が人気です。見頃は10月上旬~10月中旬。

豊平峡ダム
札幌市内から車で1時間 
定山渓温泉から車で10分
紅葉の時期には定山渓温泉からのシャトルバスも運行(日程未定)
HP → http://www.houheikyou.jp/

紅葉の時期に北海道旅行を計画している方は参考になさって下さいね!
次回はこれよりも遅い時期の紅葉についてご紹介します。