北海道はようやく本格的な夏を迎えました。夏を代表する花、ラベンダーは今が最盛期。各地のラベンダー園にはたくさんの観光客が訪れているようです。

今日は小樽にあるゆり園をご紹介します。オープンした4年前にも一度ご紹介しましたが、その時から規模も施設も拡充していて、今年はなんと213万輪の花が楽しめるそうです。これからの季節が見頃ですよ。



札幌中心部から車で40分ほど。ここは、冬は「スノークルーズオーンズ」という名前で営業しているスキー場です。






建物の中で入園券を買います。大人400円、小学生以下の子供は無料です。






外へ出ると、こんな風景が広がっています!







花壇では、早咲きのゆりが満開でした。







記念撮影コーナーもありますよ。







ここの特徴は、花と一緒に海の景色も楽しめること。山の上に登るともっとよい景色が望めます。






さすがスキー場!スキーのストックを杖として貸し出しています。体力に自信があれば歩いて登ってもよいのですが・・・






スキー場ですから、当然リフトもあるわけです。私的には、上りはリフト、下りは徒歩がお勧め。リフト料金は片道500円。往復だと800円。









リフトに乗っている時間は7分ほど。乗り場のあたりは標高およそ100m、山頂は300mだそうです。けっこう標高差があるんですね。









山頂でリフトを降りると、こんな景色が待っています!







おや、右側に見えるのは今年オープンしたという展望台ですね。行ってみましょう。






階段を上って建物の屋上に出ると・・・







おお、これは絶景ですね。石狩湾や札幌市方向が見えます。







ここから遊歩道で斜面を降りていきます。







各区画毎に、メインになる花の色を変えてあります。ここは黄色のゾーン。






つづいてオレンジ。







ちょっと降りてから振り向くとこんなふう。







次はピンク。降りて行くに従って景色が変わります。







花に挟まれた道を通って、まるで海に吸い込まれていくような感覚。






最後の急斜面は、一面あざやかな黄色のゾーンです。







まだまだつぼみが多いので、これから満開になったら見事でしょうね!










下の売店で「ゆりソフト」を。ゆりのエキスが入っているそうで、口の中で溶けたときにふんわり花の香りがしました。








山頂から下までの距離は1,100m。ゆっくり写真を撮りながら降りてきて45分くらいでした。障害がある方やリフトに乗れない方は、山の中腹まで往復する「フラワーカー」に乗って景色が楽しめるそうです。レストランもあるのでランチもOK。

このゆり園は8月20日までの期間限定でオープンしています。この期間に札幌、小樽を訪れる機会がある方にはお勧めです。


<オーンズ春香山ゆり園>
北海道小樽市春香町357  TEL 0134-62-2228
札幌の中心部から高速道路経由でおよそ40分
  小樽市中心部から車でおよそ30分
※JR銭函駅から1日8往復の送迎バス有り。

開園期間:2017年7月8日(土)~8月20日(日)
     (天候やゆりの開花状況によって変更あり)
営業時間:9:00~17:00 最終入場は16:30
入園料 :大人(中学生以上)800円  子供(小学生以下)無料
公式HP :https://www.onze-yuri.com/