札幌近郊にはスキーや雪遊びができる公園がいくつかあります。今回はそのうちの一つ、「滝野スノーワールド」をご紹介しましょう。ここは夏季は「滝野すずらん丘陵公園」として営業しており(詳細はこちらをご覧下さい)、冬はチューブ滑りやスキーが楽しめるスノーパークになります。
 


東口ゲートから入ってすぐのところ。「カントリーハウス」という建物にウェアやスキーをレンタルできる場所があります。







こちらがレンタルコーナー。スキー靴は16.5㎝からあるので、小さなお子さんでもOK。スキーセットのレンタル料金は、大人2,900円、こども1,900円。








レンタル申込書は英語と中国語もあります。外国人のお客様も多いようですね。







ロッカーは入れるときに100円かかりますが、使用後に戻ってくる方式。実質無料です。







外へ出たらちょうど何かの撮影が来ていて、キャラクターが大集合していました。








カントリーハウスの横には、初めてスキーを履く人用の練習場所があります。








「転び方、起き方、歩き方、止まり方、滑り方」を練習しましょう、と書いてあります。








基礎を学んだら、目の前のファミリーゲレンデへ。平均斜度は7度、長さ250m。幅も広くて、初心者に優しいゲレンデです。







ちょっとこの写真ではわかりにくいですが、二人乗りのリフトです。1回券が大人150円、こども100円。1日券は1,540円と1,030円です。






初心者用のスキースクールもあり、大勢の子供たちがレッスンを受けていました(レッスンは日本語のみ)。










ファミリーゲレンデ(ピンクの部分)からさらに奥へ400mいったところには、そりゲレンデ(オレンジの部分)があります。













こちらがそりゲレンデ。広いです!!








ここではチューブそりに乗って、そり滑りが楽しめます。








小さいお子さんはお父さんお母さんと二人乗りもOK。みんな楽しそうです。








チューブそりは無料で貸してもらえます。








実は、今年は雪が少ないので、この写真では本来の長さの半分しかオープンしていない状態なんです。







本来は長さ200m!とってもなが~いコースなんです(資料写真)。これから雪がもっと積もれば、残りの上半分もオープンできるでしょうね。






このすぐ横には、プラスチックそりで遊べる場所もあります。プラスチックそりも、無料のレンタルがありますよ。




このほかにも、歩くスキーや雪の上を歩けるスノーシュー、雪遊び道具の貸し出しなどもあり、親子で雪遊びをするのにぴったりの場所です。国立公園なので、各種の費用が安いのも嬉しいですね。

<滝野スノーパーク>
開園時間:3月31日まで 9:00~16:00
入場料金:冬期は無料 
     車で行く場合は駐車料金が必要 普通車410円 バス1,230円
HP  http://www.takinopark.com/