もうすぐ3月も終わり。札幌でも次第に暖かい日が増えてきて、道路脇の雪の塊が目に見えて小さくなってきました。本格的な春までは、あと1ヶ月ほどです。

3月13日、札幌市にある円山動物園に新しい施設、ホッキョクグマ館がオープンしました。とても特徴の有る施設だと聞いたので、さっそく見に行ってきました。





円山動物園は札幌市の西側にあり、中心部からは車で15分ほど。園内はまだまだ雪がいっぱいです。










こちらがオープンしたばかりのホッキョクグマ館。動物園の正門や西門から見ると、一番奥の方にあります。入り口から歩いて10分くらい。









中に一歩入ると、巨大な水槽が目に入ります。













さらに進んでいくと・・・あれ?人々の上に見えているのはもしかして・・・?













わっ、ホッキョクグマが泳いでる!










この施設の目玉は水中トンネル。なんと目の前でホッキョクグマを見ることができるんです!










モフモフの毛が水中でなびく様子が、手に取るように見えます。これは大興奮!











頭の上で二頭がじゃれあってる~。











この二頭はリリとララ。母子です。













時にはこんな姿も。トンネルの上に立っているんです。足の裏がはっきり見えます。









これはやはり動いているところを見て頂きたいので、動画もどうぞ(30秒)。






横の水槽にはゴマフアザラシもいます。











こんなのぞき窓があって、ここで待っていると・・・











アザラシがこっちに泳いできて・・・












Uターンしていくのが目の前で見られます。










次に階段を上がって、屋上に出てみます。









ここからはリリとララがプールから上がった姿が見えます。









これまでの飼育場よりずっと広くなって、やはり嬉しいのでしょうか。リリは雪の上をはしゃいで走り回り、










そのままダイナミックに・・・











どぼーん!!











続いてララもどぼーん。楽しそうに、母子で何度も何度もダイビングを繰り返していました。










ホッキョクグマを十分楽しんだあとは、他の動物たちもご紹介。寒いのが平気な動物たちは外でのんびり。これはシンリンオオカミ。










アムールトラも雪の中を散歩。












昼寝から目覚めたユキヒョウ。










寒いのが苦手な動物たちは室内で過ごしています。春までもう少しの我慢だね。







ホッキョクグマをこんなに近くで、しかもこんなに生き生きした姿を見たのは初めてでした。予想以上に楽しかったです。これは間違いなく、円山動物園の新たな見所になりますね。

<札幌市円山動物園>
   開園時間:3月1日~10月31日 9:30~16:30
        11月1日~2月末日 9:30~16:00
   休園日 :毎月第2、第4水曜日
        (4月と11月に5日円の連続休園有り)
   入園料 :大人600円 中学生以下無料
   HP   :http://www.city.sapporo.jp/zoo/index.html
(中国語) :http://www.city.sapporo.jp/zoo/info/china-kantai-sogo.html