4月も半ばになってようやく、札幌市内の雪はすっかり消えました。桜の時期まではまだ2週間ほどありますが、あちこちで花壇の植物が芽を出しているのが見られ、季節が春へ向かっていることが実感できます。

今日は北海道にいち早く春を告げる花、ミズバショウの群落をご紹介します。場所は札幌市の隣、石狩市のマクンベツ湿原です。





札幌の中心部から車で1時間弱。マクンベツ湿原は石狩川が日本海に注ぐ河口付近にあります。この駐車場に車を停めて入ります。










湿原の案内図。湿原の中に、川に向かって一直線に、長さ400mの散策路があります。(地図の中の白い線)。










駐車場横の土手を上がると・・・












湿原に生い茂るハンノキの林が見えました。











散策路の入り口です。














まっすぐに延びる木道。













少し入るとすぐ、両側にミズバショウの群落が広がっているのが見えました。










ちょっと時期が早く、開花しているのは全体の1~2割といった感じでしょうか。











ここの群落は北海道有数の規模だそうです。満開になったら、確かに壮観でしょうね!














200mほど進むと、いったん林は途切れてヨシ原になります。










左が河口の方向、右が上流方向です。秋、冬には海から強い風が吹くのでしょうね。ヨシがみんな右方向に吹き倒されています。











なんだか前衛芸術みたいな風景です。











ヨシ原の向こうにまたハンノキの林があり、こちらにもミズバショウが咲いていました。










こちらのほうが日当たりがよいのでしょうか。先ほどの林よりも開いている花が多いような気がします。


















































木道の最後に見えてくるのは石狩川の流れです。周囲にはまだ雪が残っています。










よく見ると、雪の中からミズバショウが生えてきています。植物って強いですねえ!










雪解け時期なので、川は水量が増して濁っていました。










ここの川幅は300mほど。向こう側には雪をかぶった山が見えていました。












帰り際、湿原の入り口でよく見ると、ネコヤナギが芽を吹いていました。まだ風は冷たかったですが、春は確実に近づいているのですね。








この季節は石狩市観光局のHPに、水芭蕉の開花状況がアップされています。今年の見頃は、4月21日~27日ごろになりそうだとのことです。

石狩市観光局HP
  http://www.ishikari-kankou.net/contents_side/flower_info/index.html