今年の夏の天気は、30度を超える暑さになったと思ったら数日後には20度ぐらいまで下がったりと、とにかく変動が激しいです。なんだかあまり夏を実感しないうちに終わってしまうなあ、という感じ。小学校や中学校は、本州以南よりも一足早く、すでに新学期が始まりました。

北海道では9月に入ると、標高の高い山から順に紅葉が始まります。始まるのが早い順に紅葉の名所をご紹介しますので、秋の北海道旅行の参考にして下さい。

<旭岳>












北海道の最高峰・旭岳(2291m)では、9月の初めには標高1600mのロープウェイ姿見駅付近で紅葉が始まり、9月中旬には山全体が見頃になります。日本全国から「日本で一番早い紅葉」を見に人々が訪れます。
旭岳ロープウェイHP → http://wakasaresort.com/asahidakeropeway/

<黒岳・層雲峡>











有名な層雲峡温泉のすぐそばにあるのが黒岳(1984m)です。9月下旬には層雲峡温泉からロープウェイで上がった標高1300m付近での紅葉を、少し遅れて10月上旬には、ふもとの「銀河・流星の滝」で紅葉と滝のコラボレーションを見ることができます。
層雲峡観光協会HP → http://www.sounkyo.net/

<阿寒湖・摩周湖・屈斜路湖>























道東地方では10月上旬に紅葉が見頃となります。遊覧船から紅葉が眺められる阿寒湖、青い湖水と紅葉のコントラストが美しい摩周湖、紅葉のトンネルが続く屈斜路湖の湖畔と、それぞれ違う趣の紅葉を楽しむことができます。
阿寒観光協会HP → http://www.lake-akan.com/
弟子屈町観光情報ポータルサイト → http://www.masyuko.or.jp/pc/sightseeing.html

<支笏湖・豊平峡>






















道央地方の山間部では、10月中旬に紅葉が見頃になります。支笏湖では毎年「紅葉まつり」が行われ、たくさんの人が温泉と紅葉を楽しむために訪れます。定山渓温泉から近い豊平峡は、ダムと周囲の渓谷の景観が人気で、道央地方を代表する紅葉の名所となっています。
千歳観光連盟HP → http://www.1000sai-chitose.or.jp/
豊平峡HP → http://www.houheikyou.jp/

<中島公園・北海道大学>
























札幌市内の紅葉と言えばこの2カ所。どちらも札幌市の中心部にありながら、広々とした景観を楽しむことができます。見頃は10月下旬から11月上旬。中島公園の菖蒲池周辺と、北海道大学13条門から伸びるイチョウ並木は特にお勧めのスポットです。
札幌観光協会HP → http://www.sapporo.travel/?lang=cn

<登別・洞爺湖>






















紅葉は次第に道南地方にまで進んでいきます。山間部にある登別地獄谷では少し早めの10月中旬から下旬、洞爺湖付近では10月下旬から11月初めが見頃となります。有珠山ロープウェイに乗れば、紅葉の山と洞爺湖のコラボレーションを見ることができます。
登別国際観光コンベンション協会HP → http://noboribetsu-spa.jp/
洞爺湖温泉観光協会HP  → http://www.laketoya.com/

<大沼公園・函館>






















北海道の紅葉のラストは大沼公園と函館。10月下旬から11月中旬までが見頃です。大沼公園では遊覧船で、湖の中に点在する島々の景色が楽しめます。片道20分の「函館七飯ゴンドラ」に乗って広大な景色を見に行くのもお勧め。

函館随一の紅葉の名所「香雪園」は北海道では珍しい日本庭園。10月20日から11月11日までは夜間ライトアップが行われ、幻想的な紅葉を見ることができます。
大沼国定公園HP:http://www.onuma-guide.com/ (日本語)
函館市公式観光情報HP: http://www.hakobura.jp/db/db-fun/2011/04/post-67.html

面積が広い北海道では、紅葉の見頃は早いところと遅いところで2ヶ月近い差があります。紅葉が目的の旅ならば、「あっもう終わっていた!」「まだ始まってなかった!」ということがないように、自分が行かれる時期と地域を考えて予定を立てて下さいね。