北海道では寒さの厳しい日が続いています。先週は札幌市内でも-12℃を観測しました。寒さに慣れている私たちでも、さすがに「寒い・・・」という言葉しか出ませんでした。

今回も前回に引き続き、雪で遊べるスノーパークをご紹介します。札幌の有名な観光地、羊ヶ丘展望台に期間限定でオープンしている「羊ヶ丘スノーパーク2019」です。




羊ヶ丘展望台の入場料(大人540円、子供300円 未就学児無料)を払えば、以下にご紹介するアクティビティが全て無料で遊べます。









一番人気はこのチューブ滑り。











二人乗りもあるので、親子一緒に楽しめます。









お子様向けのすべり台もあります。お尻の下に小さなそりをしいて滑ります。小さな雪山なので、小さなお子様でも安心。








スノーストライダー。ペダルはなく、地面を蹴って滑ります。2歳~5歳限定のアクティビティです。








歩くスキーで雪原を散歩。スキーの貸し出しも無料です。一周1㎞のコースと200mのコースがあります。










こんなかわいい雪だるまを作って遊んだり。










かまくらで記念撮影をしたり。











広い雪原で思う存分、雪と戯れることができますよ!





雪遊び用の防寒着を持ってきていない方のために、貸し出しも行っているそうです。小さいお子さんを連れての旅行の際、「どこか雪遊びできるところがないかな・・・」という時にぴったりですね!

<オープン期間> 1月4日(金)~3月10日(日)
         10:00~16:00(最終受付は15:45)
         ※ 積雪・天候状況により変更の場合があります。