札幌每年冬天的特别风景——“札幌白色灯节”,今年已经开始了。
今年も、札幌の冬の風物詩「さっぽろホワイトイルミネーション」が始まりました。


今年的灯节分别在大通公园会场,站前大街会场和南一条路会场等三个地方举办,合计使用了50万个LED灯泡。最初举办这个灯节的时候,只有一个主题,使用了1050个灯泡。今年是第30年。
大通公園会場、駅前通会場、南一条通会場の3カ所で、計50万個のLED電球を使ったライトアップが行われます。最初は電球1050個、たった一本のオブジェから始まったというこのイルミネーション、今年で30回目を迎えます。



这里是大通西2丁目。1981年第一次灯节开始一直使用这里作为会场。这个主题的名字叫做:“宇宙领域”。
大通西2丁目。1981年の第一回目から会場となっている場所です。このオブジェの名前は「宇宙の領域」。













这里是大通西3丁目。这里的“太阳能树”是使用太阳能作为电源。
大通西3丁目。こちらの「ソーラーツリー」は、太陽光電源をまかなっているのだそうです
























在大通西4丁目,有今年第一次出现的“水晶河”。尽情铺上75000个LED灯泡,做成像流淌的河水一样。
大通西4丁目に今年初めて登場した「クリスタル・リバー」。7万5千個のLED電球を敷き詰めて、河の流れを表現しているそうです







下雪的夜晚更有罗曼蒂克的气氛。
雪が降っている夜は、特に幻想的な雰囲気。










虽然很冷,可是很值得一看!
寒いけれど一見の価値ありですよ~!














大通公园会场点灯到1月2号,站前大街和南一条路会场到2月13号。
每晚16:30到22:30分(12月23号到25号延长至24点)
点灯期間は大通公園が1月2日まで、駅前通りと南一条通りが2月13日まで。
点灯時間は16:30~22:30。(12月23~25日は午前0時まで)。

请一定不要错过这次灯节。
どうぞお見逃しなく!