今天的博客内容是协助员Roco发来的!
今日は、ブログ協力員Rocoさんからの情報をご紹介します!

一般来说,水芭蕉这种花只能在远离人群的湿原才能看得见。
但是,札幌市内也有能看见水芭蕉的地方!
那就是距离札幌站20分钟车程的“星置绿地”。
ミズバショウ(水芭蕉)というと、普通は人里離れた湿原でしか見られない花なんですが、札幌には住宅街の中でミズバショウを見られる所があるんです!
札幌駅から電車で20分のところにある「星置緑地」です。

从JR星置站走路5分钟,住宅区中突然出现了这样的景色。
JRの星置駅から歩いて5分、住宅街の中に突然、こんな景色が現れます。












现在正好是水芭蕉的花季。
这是4月24日的照片。今年的开花季据说比往年迟了一周左右。
ちょうどミズバショウが見頃を迎えていました!
これは4月24日の写真。今年は例年より、一週間くらい咲くのが遅いそうです。












这是驴蹄草的花,颜色也非常鲜艳。
エゾノリュウキンカ(蝦夷立金花)も、鮮やかな花を咲かせています。










水芭蕉需要干净丰富的水源。
绿地中像这样从地下涌出的水源还有好几处。
ミズバショウに必要なのは、きれいで豊富な水。
緑地の中にはこんなふうに、地下から水がわき出しているところが何カ所もあります。









啊!发现青蛙!从冬眠中醒过来了啊。
这里好像还有只能在干净水源中栖息的蝾螈!
あ、カエル発見!冬眠から目覚めたんですね。
ここには、きれいな水の所にしか生息しないサンショウウオもいるそうですよ!










25年前JR通站之后,星置地区就迅速地住宅区化了。
在这期间,当地人提出“稍微留下一点原来的大自然”的要求,因此只有这一带没有被开发,原来的大自然被保留下来了。
在家附近就可以愉快地观察到大自然,真是太好了!
この星置地区は25年前にJRの駅ができてから、急激に宅地化が進みました。
そんな中で地元の人から「もとの自然環境を少しでも残そう」という声があがり、この一帯だけは開発されることなく、自然のままの状態を残すことになったそうです。
家の近くで自然観察が楽しめるなんて、いいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です