(续前回)
好不容易来到了积丹半岛的连接大陆处,决定去位于半岛前端的神威岬看看。距岩内町大概50公里,一边望着左侧一望无际的日本海,一边沿着海岸线一直北上。
(前回からの続き)
せっかく積丹半島の付け根まで来たので、半島の先端にある神威岬に寄ってみることにしました。岩内町からはおよそ50キロ、左側に日本海を見ながら、ひたすら海岸線を北上します。



积丹半岛的海岸以从海面峭立的悬崖为特征。道路也基本上是紧紧沿着海岸线建造的,隧道非常多。
積丹半島の海岸は、海からすぐ切り立った崖になっているのが特徴。道路も海岸にへばりつくようにして作られていて、トンネルも多いです。






每次出隧道时,都有这样的岩石和……
トンネルを抜けるたびに、こんな岩や・・・










这样的景色映入眼席。风景不停变化,因此开起车来一点儿都不觉得无聊。
こんな風景が目に飛び込んできます。風景に変化があるので、退屈しないで運転できます。








大约1小时后,到达神威岬的停车场。爬5分钟左右的斜坡,就看到这个门立在那里。
1時間ほどで、神威岬の駐車場に到着。坂道を5分ほど登ると、こんな門が立っていました。







从这里到对面的灯塔,要在这上下起伏的步道上走20分钟左右!
ここから向こうに見える灯台まで、アップダウンの激しいこの遊歩道をさらに20分ほど歩かなければなりません!








都来到这里了这么回去太不甘心了,做好心理准备开始出发。
在陡峭的山脊上一边走路,一边往左边(西方)看着来时经过的海岸线……
ここまで来て引き返すのも悔しいので、覚悟を決めて歩き出します。
切り立った稜線のような道を歩きながら、左(西)を見れば今まで通ってきた海岸線が・・・





往右边(东方)看,可以眺望向小樽方面延续的积丹岬的景色。
右(東)を見れば、小樽方面に続く積丹岬の景色が眺められます。








终于走了一半了,还有一点儿……!
照片上根本看不出来,从西方吹来的风非常大!好像要被吹走了!
ようやく半分まで来ました。あと少し・・・!
写真ではあまりわかりませんが、西からの風がものすごく強いんです!飛ばされそう!






风刮过海面时,都可以看到波浪被风吹散开的风的路线!
海面を風が吹き抜けると、波紋が広がって風の通り道が目に見えるくらいです!








终于,到达灯塔~!
最初在1888年建造了这个灯塔,1960年重建时变成无人灯塔。过去在这样严酷的环境下,还有守护灯塔的人哦~
やっとの思いで、灯台までたどり着きました~!
1888年に初めて灯台が設置され、1960年にこの建物に建て替えられてからは無人になったそうです。昔はこんな厳しい環境のところで灯台を守っていた人がいたんですね~。






从岬的前端眺望的景色是绝景!能纵览四周300度的景色。
海中垂直立着的是神威岩,神威是阿依努语“神”的意思。神威岩高度大概有40米。
岬の先端からの眺めは絶景!の一言です。ぐるっと300度の水平線が見渡せます。
海の中に垂直に立っているのはカムイ岩。カムイというのは、アイヌ語で「神」という意味で、高さは40メートルあります。





非常遗憾,当天有云,没能见到想看的“日本海沉没的夕阳”……
残念ながら雲が出てきて、狙っていた「日本海に沈む夕陽」は見られませんでした・・・。







一开始想来个“四处拍红叶美美的照片”兜风,
后来却变成“温泉和海鲜,而且最后还加上激烈运动”的兜风……
下周末,再去挑战一下红叶吧。
当初の目論見では「紅葉の美しい写真を撮りまくる!」ドライブのはずだったんですが、一転して「温泉と海の幸、しかも最後はかなり激しい運動付き」のドライブになりました・・・。
紅葉は次の週末、再挑戦かなあ。