由于5月到6月期间忙于各种事务,完全停止了部落格的更新。今天为大家介绍的是距札幌约2小时车程的“积丹半岛”。

这是一个因美丽的海景而闻名的地方,但是要说这个时期的乐趣,那一定是从6月下旬开始打捞解禁的新鲜海胆了!

  5月から6月にかけていろいろと忙しく、すっかりブログの更新が滞ってしまいました。今日は札幌から車で2時間ほどのところにある「積丹半島」をご案内します。

  美しい海の景色で知られる所ですが、この時期のお楽しみは、なんといっても6月下旬から漁が解禁される新鮮なウニです!

shakotan1-1


从札幌开车到小樽,再到余市・古平这个小镇要花2小时。在此期间可以一直欣赏这样的沿海景致。

札幌から小樽から余市・古平という町を経て2時間のドライブ。その間はこんな海沿いの景色が続きます。

shakotan1-2




到达积丹后,虽然有些早,但首先还是吃午饭!即使如此,但依据客人的人数和海胆的收获情况,也有卖完的时候。这家店的停车场在11:30就已经停满了车。

積丹に着いたら、ちょっと早いけどまずはお昼ご飯!というのも、お客さんの数やウニの獲れ高によっては、品切れになってしまうこともあるからです。このお店も、11:30にはもう駐車場は満車。

shakotan1-3




这是积丹半岛的“日司地区”,店前的渔港。可以品尝从这里打捞的新鲜海胆。

ここは積丹半島の「日司地区」。お店の目の前は漁港です。ここから水揚げされる新鮮なウニが食べられるわけです。

shakotan1-4






做好了!海胆盖饭,2450日元。基本上,在这附近花差不多的价钱都可以吃到。原本想吃活海胆套餐,但是限量50份已经全部卖完。

出てきました!ウニ丼、2,450円。だいたいこのあたりでは似たようなお値段で食べられます。本当は活ウニのセットが食べたかったのですが、限定50食はすでに売り切れでした。

shakotan1-5





刚刚收获的新鲜海胆!好甜!很多人虽然不爱吃超市卖的海胆,但可以吃新鲜海胆。

獲れたばかりの新鮮なウニ!甘~い!スーパーなどで売っているウニは苦手でも、新鮮な物だと食べられるという人も多いそうですよ。

shakotan1-6






酒足饭饱后,继续想海岬前进。大约开20分钟的车到达“神威岬”。

お腹がいっぱいになったところで、さらに岬の先端へと進みます。20分ほど走って、「神威岬」に到着しました。






shakotan1-7




从停车场到海岬最前方相当远,走路花了约30分钟。一边看周围的花和景色,一边悠闲散步。

駐車場から岬の先端までは結構遠くて、歩いて30分くらいかかります。周りの花や景色を見ながら、のんびり歩きます。







shakotan1-8




这个时期的代表性花卉是北萱草。好像已经过了最旺盛的季节。今年不论哪里,花都开放的很早。

この時期を代表する花、エゾカンゾウです。もうすでに盛りは過ぎているみたい。今年はどこも花が咲くのが早いです。







shakotan1-9



高透明度的蓝色是积丹海的特征。被称为“积丹蓝”。

この透明度の高い青さが積丹の海の特徴。「積丹ブルー」と呼ばれています。



shakotan1-10




北萱草和积丹蓝竞相辉映,美不胜收!即使是阴天也能看到这样的颜色,如果天晴会更加美丽。略感遗憾。

エゾカンゾウと積丹ブルーの競演が美しい!曇り空でもこの色ですから、晴れていたらもっときれいなのですが。ちょっと残念。



shakotan1-11





狭窄的道路如山脉的脊梁一般,我沿路时而上山时而下山。。。

まるで山の稜線のような、細い道を登ったり降りたり・・・








shakotan1-12



被美丽的景色鼓舞着,慢步而行。

きれいな景色に励まされながら、ゆっくり歩きます。






shakotan1-13






终于到达海岬的最顶端!

ようやく、岬の先端までたどり着きました~!







shakotan1-14




高达40m的“神威岩”矗立海中。

海の中に高さ40mの「神威岩」がそびえ立っています。









shakotan1-15



从海岬顶端看大海,海水颜色更为湛蓝。这是只有走到这里的人才能看到的景色。

岬の先端から見る海は更に青い色が際立っています。ここまで歩いてきた人だけが見ることのできる景色です。

 




这次的介绍就到这里。下次将为大家介绍能在积丹乘坐的水中观光船。

今回はここまで。次回は積丹で乗れる水中観光船をご紹介します。