上回的续篇。
前回の続きです。


离开“真锅庭园”,穿行在十胜地方的农村地带中到达的是……
「真鍋庭園」を後にして、十勝地方の農村地帯の中を走って到着したのは・・

 

距离带广市30分钟车程,位于中札内村的“六花森林”。由北海道著名的甜点制造商“六花亭”经营着。
帯広市から車で30分ほど、中札内村というところにある「六花の森」です。北海道の有名な製菓会社「六花亭」が運営しています。

门票为成人500日元,儿童300日元。进入园中,伸展在眼前的是这样的风景。
入場料は大人500円、子供300円。中に入ると、こんな風景が広がっています。

所种花卉的大部分是北海道的山地品种。
植えられている花は、北海道の山野草がメインです。

这是蒺瑰。开花时期非常壮观,可惜的是花已经谢了,结出了果实。
これはハマナス。花が咲いていると壮観なのですが、残念ながらもう花は終わって、実をつけていました・・・。

园地上有几处移建自克罗地亚的民居的美术馆。主要有亲手绘制六花亭包装纸上的花的坂本直行画家的美术馆。遗憾的是美术馆中禁止拍照。
敷地の中には、クロアチアの民家を移築したという美術館がいくつか建っています。
メインは、六花亭の包装紙の花の絵を手がけた、坂本直行という画家の美術館。残念ながら、美術館の中は撮影禁止です。




这里收集有六花亭发行了50年以上的、儿童诗杂志《青貯塔》的封面。(这里没有禁止拍照的标识,即使拍了也没有关系吧(^^;))。
こちらは六花亭が50年以上も発刊し続けている、子供の詩の雑誌「サイロ」の表紙を集めてあります。(ここは撮影禁止マークがなかったので、たぶん撮影しても大丈夫(^^;))。












展示了几首儿童的诗。
子供の詩もいくつか展示されています。

算上参观美术馆内部的时间,1小时左右也可以参观一圈了。
美術館の中を見る時間を入れても、1時間程度でだいたい回ることが出来ました。










园里有休息处,还有免费的咖啡和果汁。悠闲地在树林中散步,看看花和画,稍稍休息片刻。是一个可以悠闲自在地消磨时间的庭园。
敷地の中には休憩所があり、無料のコーヒーやジュースもありました。森をゆっくり散策して、野の花や絵を見て、ちょっと休んで。とてものんびり過ごせるガーデンでした。

〈六花森林〉
开馆期间:2012年4月25日(周三)~11月4日(周日)冬季休业
开馆时间:10:00~17:00 ※10/1之后10:00~16:00
官网HP:(日语) http://www.rokkatei.co.jp/facilities/index2.html

<六花の森>
開館期間:2012年4月25日(水)~11月4日(日)冬はお休み
開館時間:10:00~17:00 ※10/1以降は10:00~16:00
公式HP:(日本語) http://www.rokkatei.co.jp/facilities/index2.html