这是昨天的“栗山老字号节”的续篇。结束了酿酒厂的参观,这次是点心厂!

昨日の「くりやま老舗まつり」の続きです。酒造会社の見学を終えて、今度はお菓子の工場ですよ!

 

 
接下来去的地方是徒步3分钟左右的“谷田点心厂”。成立于大正2年(1913年),明年就是100周年了。这里可以参观工厂,果然人很多啊!排成了长队。

次に向かったのは、歩いて3分ほどの所にある「谷田製菓」。創業は大正2年(1913年)ですから、来年で100周年ですね。こちらでは工場見学ができるのですが、やはりすごい人!行列ができています。

 

 
这个工厂制作的就是“吉備団子”。说到团子一般都是圆形的,但是这个是扁平状的。在北海道的超市和便利店一般都能找得到,对于我们北海道人来说是非常熟悉的点心。

この工場で作っているのはこの「きびだんご」。「だんご」といえばふつう丸いのですが、これは平たい形をしています。北海道のスーパーやコンビニでたいてい見かける、私たち道民にとってはなじみ深いお菓子です。

 

 

 

排了10分钟左右,走向了参观工厂的路。可以通过玻璃窗看到里面。这里进行的是蒸糯米,把糯米和北海道产的豆子做成的馅、砂糖、糖稀合在一起揉和的作业。

10分ほど並んで、工場の見学路へ。ここでは材料の餅米を蒸して、北海道産の豆から作ったあん、砂糖、水飴と合わせて練るという作業をしています。

 
 

 

 

 

这里是把冷却凝固的糕点切成细长状的作业。

ここでは冷やし固めたものを細長く切る作業。

 

 

 


变成发货时大小的点心连续出来。
出荷のサイズになったものがどんどん流れてきます。

 

 

 

 

 

 

让我惊讶的是这里。产品的包装是手工作业的!

驚いたのはここ。製品の包装を手作業で行っているのです!

 

 

 

 



产品经过糯米纸、塑料薄膜加工的纸、包装纸三层包装而成,一层一层以非常快的速度进行着。确实是行家的手艺啊!

製品はオブラート・ラミネート加工の紙・包装紙と3重に包装されるのですが、一つ一つ、すごいスピードで作業しています。まさに職人の技!

 

 

 

 

工厂参观结束后,买了一些“吉備団子”回到了车站前面。半路上发现了款冬花茎。是春天了呢~。

工場見学を終えて、いくつか「きびだんご」を買って駅前まで戻ります。途中、ふきのとうが出ていました。春ですね~。

 

 

 

从车站前上了节日期间特别运行的町内循环巴士。穿过町中央向前的目的地是……

駅前から、まつり期間中に特別に運行している町内循環バスに乗りました。町の中を抜けて向かった先は・・・

 

 

 

 

 

Hotel Paradise Hills中的町营的温泉。在这里进入了限定期间的加入小林造酒的酒糟(挤取酒后剩下的渣滓。在日本用作食物或美容)的“吟醸酒澡堂”。在隐约飘荡的酒香中放松身体~♪不胜酒力的人恐怕不行吧?

「ホテルパラダイスヒルズ」の中にある町営温泉です。ここでは日にち限定で、小林酒造の酒粕を入れた「吟醸酒風呂」に入れるんです。ほのかに漂うお酒の香りでリラックス~♪お酒に弱い人はダメかな?

 

 

很遗憾没有温泉中的照片(^^)。这里是出了温泉的休息处。以前大部分都是榻榻米地板的大厅。最近时尚的温泉也变多了,不过从前的这种氛围还是很难舍弃的吧。

残念ながら、温泉の中の写真はありません(^^)。ここは温泉を出たところにある休憩所。昔はだいたいみんな、こういう畳敷きの大広間でした。最近はおしゃれな温泉も多くなりましたが、昔ながらのこんな雰囲気も捨てがたいですね。

 

 

来的时候是坐的JR,回去的时候决定坐巴士回札幌。一回到车站前面,开往札幌的巴士竟排成了长长的队伍……结果没有坐上这辆巴士,一直等到了下一辆巴士(^^;)。

来るときはJRでしたが、帰りはバスで札幌まで帰ることにしました。駅前まで戻ってくると、なんと札幌行きのバスは長蛇の列・・・結局このバスには乗れず、次のバスまで待ちました(^^;)。

 

 

 

 

回去的路上经过小林造酒的前面,仍然堵着,很热闹。

帰り道、小林酒造の前を通ると、まだまだ渋滞してにぎわっていました。

 

 

栗山人口只有1万3000人左右,但是节日的两天内,来了将近2倍人口,2万5000人!因为町上历史悠久的企业很好地做了宣传,成功地吸引了游客,很有趣啊!只是,美中不足的是到栗山町的交通不是很便利这点。我也是去的时候的火车上人挤得满满的,回来时的巴士又多等了一辆。由于是可以喝酒的活动,希望不开车来的也可以变得方便些。

栗山は人口1万3000ほどの町ですが、なんとこのまつりの2日間で、人口の2倍近く、25,000人もの人が訪れるそうですよ!町の歴史ある企業をうまくPRすることで、観光客を呼ぶのに成功しているのが面白いですね。

ただ、町までのアクセスが不便なのが玉に瑕ですね~。私も行きの汽車ではぎゅうぎゅうづめ、帰りのバスは1本待ちましたし。お酒が飲めるイベントなのですから、車以外で来るのに便利なようにして欲しいなあと思いました。