这次继续登载从小樽开车大约30分钟可以到达的余市町的“尼科威士忌余市蒸馏所”参观记。还有很多值得一看的地方哟。
小樽から車で30分、余市町の「ニッカウィスキー余市蒸留所」見学記の続きです。
まだまだ見所がたくさんありますよ。


这里是“Rita house”。“Rita”是这里创始人竹鹤的妻子,她是爱尔兰人这是她的名字。这栋建筑物曾作为制作威士忌的研究室,但是很遗憾的是现在无法看到内部的状况。
こちらは「リタハウス」。リタというのは、創業者・竹鶴さんの妻であるスコットランド人の名前です。ウイスキー製造の研究室として使用していた建物ですが、今は残念ながら中は見られません。




这个洋式的房子是竹鹤夫妇的家。为了妻子,建筑物被修建得是她的故乡苏格兰的风格。在当时,肯定是非常漂亮和抢眼的!
この洋館は竹鶴夫妻が住んでいた家です。妻のリタのために、故郷スコットランドの建物に似せた造りにしたということです。当時としては、すごくおしゃれで目立ったでしょうね!






这里是威士忌的博物馆。展示着威士忌的制作工艺以及尼科公司的发展历史。
ここはウィスキー博物館。ウィスキーの製造工程や、ニッカ社の歴史が展示してあります。








而且这里有这样漂亮的酒吧!而且可以在这里试喝。
(这里的试喝是需要收费的。250—350元左右)
そして中にはこんなすてきなバーが!ここで試飲をすることができるんです。
(ここの試飲は有料。250円~350円程度)








这是可以体验威士忌酒香的一角。
こちらはウィスキーの香りを楽しむコーナー。










接着,看着这样的景象再往里面走一点・・・
さらに、こんな景色を眺めながらもう少し奥へ行くと・・・










对面的一侧,是可以免费试喝和购物的地方。从入口到这里,一边参观一边走大概需要30分钟。
一番向こう側に、無料の試飲や買い物ができる建物があります。入り口からここまで、見学しながら歩いても30分程度でしょうか。







在试喝角落,有各种的威士忌,苹果酒,为了不能喝酒的人还准备有乌龙茶,苹果果汁(苹果是余市的特产)
試飲コーナーには、数種類のウィスキー、りんごワイン、お酒が飲めない人のためにはウーロン茶、りんごのジュースが準備されています(りんごは余市町の特産です)。






今天因为是自己开车去的所以很遗憾不能喝威士忌,我选了苹果汁。看着广阔的风景,我稍微休息了一下。
この日は残念ながら自分で運転して行ったので、ウイスキーはあきらめ、りんごジュースをチョイス。広々とした風景を見ながら一休みしました。






林立在眼前的这些,全部都是威士忌的储藏间。听说现在有26栋。
目の前に並んでいるのは、すべてウイスキーの貯蔵庫です。現在26棟あるそうです。








在回去的路上,储藏库的旁边工作人员正在和积得像山一样的雪较劲。今年的雪很多所以挺麻烦的。真是辛苦了!
帰り道、貯蔵庫の横で従業員が山になった雪と格闘していました。今年は雪が多いので大変ですね。ご苦労様です!







这是在展示中的照片。夏天是这样的风景。简直就像欧洲一样!对于喜欢酒的人来说我非常推荐这里,对于喜欢摄影的各位这里也是非常值得一来的。
展示の中にあったパネル写真。夏はこんな風景になります。まるでヨーロッパみたい!お酒が好きな方にはもちろんですが、写真が趣味の方にもここはオススメのスポットです。






这里离JR余市车站步行大概都花不了5分钟,坐巴士或者JR来的话也很方便。我打算下次不开车来,利用别的交通工具来这里。
JR余市駅からは歩いて5分もかからないところにあるので、バスやJRで行くのも便利です。私も次は車以外の交通手段で行こうっと。

尼科威士忌的官方网站 (日语/ 英语)
http://www.nikka.com/reason/introduction/yoichi/index.html
ニッカウイスキー 公式HP (日本語/英語)
http://www.nikka.com/reason/introduction/yoichi/index.html