上周末,我去了距离札幌50公里的支笏湖,享受了一日游的小旅行。
平时我都是驾车去,这次选择乘坐JR和公车(理由稍后即可知晓)。
从札幌到千岁,乘坐“快速airport”30分钟(810日元)。然后从千岁乘坐公车45分钟(900日元)即可达到。

先週末は札幌から50kmほどのところにある支笏湖へ、日帰りの小旅行に行ってきました。
ふだんは車で行くことが多いのですが、今回はJRとバスを使いました(理由は後ほど分かります)。
札幌から千歳まで、「快速エアポート」で30分(810円)。千歳からバスに乗って45分(900円)で到着です。



到了支笏湖畔后,首先来到了支笏湖的游客中心(Visitor center)。在这里可以获知各种关于支笏湖的消息。
支笏湖畔についてまず、支笏湖ビジターセンターに立ち寄りました。支笏湖についての様々な情報を知ることができるところです。







这里展示了支笏湖的地形。可以清楚地看出周围被群山围绕。最大水深为360米。继秋天县的田泽湖之后,日本深度第二的湖。
こちらのコーナーには支笏湖の地形が展示されています。周りが山に囲まれているのがよく分かります。最大水深は約360m。秋田県の田沢湖に次いで、日本で2番目に深い湖です。






这是对支笏湖水质的介绍。在环境部进行的全国河川・湖的水质调查中,支笏湖连续三年居于第一位!
こちらは、支笏湖の水質についての紹介。環境省が行っている全国の河川・湖の水質調査で、支笏湖はここ3年連続で1位になっているんです!








这里介绍的是在支笏湖生存的生物。在水槽里游玩的就是支笏湖的名产红大马哈鱼。
支笏湖に住む生き物を紹介するコーナー。水槽の中で泳いでいるのは、支笏湖名物のヒメマスです。









窗外,湖面和新绿的风景在眼前伸展。遗憾的是天气不太好!
窓の外には、湖面と新緑の風景が広がります。お天気がイマイチなのが残念!

 







接下来我乘坐了“水中观光船”。30分钟的行程,成人1200日元,儿童600日元(15人以上有团体优惠)。
次は「水中観光船」に乗ってみることにしました。30分の乗船で、大人1200円、子供600円(15人以上で団体割引有り)。

 






看起来很普通的游览船・・・
見た目は普通の遊覧船ですが・・・











下面的船舱里,竟然有比水面还低的窗户,可以很清楚地看见湖中的情形。
なんと下の船室は水面よりも下に窓があって、湖の中が見えるようになっているんです。









眼前有这么多的鱼在畅游(゚0゚)!而且果然是日本水质第一的湖,湖水清澈美丽!
据说支笏湖里不但有红大马哈鱼,还有远东红点鲑、三刺鱼等等。但是我分不清・・・。
目の前に、こんなにたくさん魚が泳いでいます(゚0゚)!そしてさすが水質日本一、水が透明できれい!
支笏湖にはヒメマスのほかにアメマス・イトヨなどの魚がいるそうですが、私には見分けがつきません・・・。

 




船出港后,负责人为我们详细介绍了支笏湖里值得观赏的景点。大约行驶了10分钟,我们要去观赏水中的“柱状节理”了。
出港すると、係員の方が支笏湖の見所について、いろいろ解説をしてくれます。船着き場から10分ほど走って、水中にある「柱状節理」を見に行きます。







这就是“柱状节理”。熔岩流入湖里,急速变冷后形成的神奇地形。
これが「柱状節理」。溶岩が湖に流れ込み、急激に冷やされることで、このような不思議な地形ができるそうです。









正如它的名字一样,简直就象柱子在湖底不断翻滚。
字の通り、まるで柱が湖底にごろごろところがっているようです。










返程时大家登上甲板摄影。左边稍显平缓的山是樽前山(1041m),右边三角形的山是风不死岳(1102m)。樽前山的山顶上梯形的东西是1909年火山喷发时熔岩凝固形成的“熔岩顶”(熔岩DOME)。
帰りは上のデッキに上がって、風景を撮影。左のなだらかな山は樽前山(1041m)、右の三角の山は風不死岳(1102m)。樽前山の山頂に見える台形のものは、1909年の噴火の際に溶岩が固まってできた「溶岩ドーム」です。
 




逐渐靠岸了,看到了红色的铁路桥。那是1900年代前半段、曾经作为“王子造纸苫小牧工厂专用线”铁路的一部分被使用的、北海道最古老的铁路桥。
船着き場の近くに、赤い鉄橋が見えてきました。1900年代前半、「王子製紙苫小牧工場専用線」という鉄道の一部として使われていたもので、北海道で最古の鉄道橋です。







距离这里大约50公里的造纸厂,在建造自己公司的水电站时,为了运输所需材料而使用了这条铁路。如今已经废线了,现在作为散步道的一部分被利用。也被认定为“近代化产业遗产”。
ここからおよそ50km離れた所にある製紙工場が、自社の水力発電所を作る資材を運ぶためにこの鉄道を使っていました。今は廃線となり、散策路の一部として活用されています。「近代化産業遺産」にも指定されています。

 




前篇就先到这里了。下次是“美食&温泉”篇!敬请期待吧(^ー^)v。
前編はここまで。次回は「お食事&温泉」編です!乞うご期待(^ー^)v。


※支笏湖的地图和交通信息如下
→ http://www.shikotsuko.com/frame-map.htm (日语)
※支笏湖の地図や交通情報についてはこちら
→ http://www.shikotsuko.com/frame-map.htm (日本語)