今天札幌的最高温度是13度。很高兴最近变暖了,结果又感到有些季节倒退。据说这周后半段气温还会有所回升。
今天,我为大家介绍一下位于札幌市中心、今年春天建成的“创世川公园”。

今日の札幌は最高気温が13度。最近ようやく温かくなってきたと喜んでいたのに、季節がちょっと逆戻りという感じです。今週後半から、また気温が上がってくるそうです。
今日は、札幌市中心部にこの春できた「創世川公園」のご紹介です。


创世川是一条南北走向、流经札幌中心的河,也是札幌街区规划的基准。以它为界线,札幌的街道分为西○丁目和东○丁目。
創世川は、札幌の中心部を南北に流れる川で、札幌の街の区画の基準となっています。ここを堺に、札幌の街は西○丁目と東○丁目に分かれています。







今年4月1日,“创世川公园”在这条创世川的两岸上开张了。宽度约30米、长度约820米、面积为14000平方米。
今年4月1日、この創世川の両岸に「創世川公園」がオープンしました。幅約30メートル、長さ約820メートル、面積は14000㎡です。







这条河曾经给人“混凝土水路”的印象,如今岸边已被整理,植上了草坪,成为感觉非常舒服的空间。
以前は「コンクリートに固められた水路」という感じの川だったのですが、岸辺が整備され、芝生が植えられてとても気持ちの良い空間になりました。








绿地上种有丁香树、春榆树、樱花树和枫树等等。
緑地帯にはライラックやハルニレ、桜、モミジなどの木が植えられています。










这条河本来是为了开拓札幌而挖掘的一条水渠。1966年建成这条名为“大友崛”水渠的就是这位大友龟太郎先生。
この川はもともと、札幌の開拓のために掘られた用水路でした。1966年にその用水路=「大友堀」を作ったのが、この大友亀太郎さんです。













还有这样的纪念碑。开拓时期的1873年建造的“里程元标”。就是说这里是北海道道路的起点。这是当时标识的再版。(当时的标识是木造)
こんな記念碑も立っていました。開拓時代の1873年に立てられた「里程元標」、つまり北海道の道路の起点となった場所です。これは当時の標識を復刻したものです。(もとの物は木製)












上面写着“对雁站 四里十六町五十三间”、“岛松站 五里二十七町四十五间”。
“对雁”和“岛松”是地名,“里、町、间”是当时表示距离的单位。显示的是从这里的距离。
「対雁駅 四里十六町五十三間」「島松駅 五里二十七町四十五間」と書いてあります。
「対雁」と「島松」は地名、「里、町、間」は当時の距離を表す単位です。ここからの距離を示しているんですね。









这里也展示了5月13日在博客上介绍的、北海道出生的雕刻家安田侃先生的作品。
5月13日のブログでもご紹介した、北海道出身の彫刻家、安田侃さんの作品も展示されています。


























在游客里很有人气的二条市场就在旁边。
観光客に人気のある二条市場が、すぐそばにあります。











白色或紫色的丁香花蕾含苞待放。马上就要开花了!
白や紫のライラックのつぼみが大きく膨らんでいました。もうすぐ開花です!











4月1日开张的创世川公园里还到处进行着植树的工作。今后树叶将全部出齐,丁香花也将绽放,看来这里要变成更加漂亮的空间了。
4月1日にオープンした創世川公園ですが、まだあちこちで植樹作業が続いていました。これから木の葉も出そろい、ライラックも咲いてさらに美しい空間になっていきそうです。