到昨天为止连续3天的时间里,札幌的最高气温都超过了10度,积雪渐渐都要融化了。位于札幌市中心的大通公园也慢慢看到了春天的影子。
きのうまでの3日間、札幌では連続で最高気温が10度を超えて、一気に雪解けが進みました。札幌市の中心部、大通公園にもしだいに春の兆しが見えてきています。  

 
这是贯穿札幌市中心的带状的大通公园,长约1.5公里。公园的最顶头可以看到电视塔。
札幌市の中心部を東西に貫く大通公園は長さ1.5km、帯状に伸びています。突き当たりに見えるのはテレビ塔。

 

 

 

 


 在公园里散步时,可以听到到处都是融化的雪水落入排水渠的声音。
公園内を歩いていると、あちらでこちらでも、雪解けの水が排水溝に落ちていく音が聞こえます。









大通公园作为每年二月札幌冰雪节的场地而扬名。这是今年2月拍摄的市民制作雪雕时的样子。
大通公園は、毎年2月に行われる雪祭りの会場としても有名です。これは今年2月に撮影した、市民雪像制作の様子。








这是在同一个地方拍摄的照片,雪已经融化到这个程度了。
同じ所を撮影した写真がこちら。ここまで溶けました。










这个是孩子们游玩的广场,秋天时被取下的秋千还没有装上,但是估计下周应该就会装回去。
子供たちが遊ぶ広場。秋に取り外されたブランコはまだそのままですね。おそらく来週あたりには取り付けられるでしょう。









树木们也从冬眠中醒来,这是木莲树。
木々も冬の眠りから目覚め始めています。これはモクレン。











就像动物的毛一样,蓬松的嫩芽也长出来了。
まるで動物の毛のような、ふわふわの芽が出ています。











这个是被选做札幌市市花的丁香,带着嫩绿的芽冒了出来。
札幌市の花に選ばれているライラックも、芽がふくらんで緑に色づいてきています。









大通公园种植了90种以上,大约4700棵树木。一个月后,将迎来樱花和充满新绿的美好季节。
大通公園全体では、90種類以上、およそ4,700本の木が植えられています。あと1ヶ月もすると、桜や新緑の美しい季節を迎えます








4月末开始,札幌有名的烤玉米的玉米摊儿也即将登场。作为市民休闲的场所和各种活动的会场,大通公园扮演着非常活跃的角色。从现在起我也要向大家再次传递大通公园的四季。
4月末からは、札幌名物・焼きトウモロコシを売る「トウキビワゴン」も登場します。
市民の憩いの場として、また様々なイベントの会場として、大通公園は大活躍です。これからも四季折々の大通公園の様子をお伝えしますね!